1. 子宮

1. 子宮の解剖

子宮は内腔を有する壁の厚い臓器です。内腔で胎児を成長させ、最後に収縮して外に出す機能があります。卵管への精子の通り道でもあります。女性の膀胱と直腸の間に位置します。
子宮の上2/3ほどを体部と呼び、内腔は正面から見ると逆三角形をしています。逆三角形の下の頂点には狭くなった部分があり、内子宮口といいます。子宮の下1/3ほどが頚部で、内腔は縦長の樽状です。頚部粘膜には縦向きのヒダがありますが、経膣出産をすると消失します。
割面で体部は赤色の内膜と淡褐色の厚い筋層からなり、漿膜で覆われています。内膜は1mm程度から6mm程度(超音波内膜厚は筋層間を測定しているため十数mm程度)へと厚みを増し、その後、はがれて排出されるということをおおむね28日周期で繰り返します。これは初潮(12歳ぐらい)から閉経(50歳ぐらい)まで続きます。頚部は内腔を上皮で覆われ、その周囲に間質と呼ばれる結合組織と少量の筋組織からなる部分があります。
肉眼的に体部と頚部の境界はわかりません。内子宮口の下のあたりに体部内膜が頚部内膜へと移行する領域があり、体下部あるいは峡部と呼ばれます。したがって、体部と頚部の境界は顕微鏡で確認する必要があります。体下部そのものは体部に含まれます。
体部の内腔からは卵管が外側に伸び、卵巣に達します。卵管が子宮壁を通る部分を卵管間質部と言います。子宮内腔にある卵管開口部を結んだ線より上の部分を指して、体部の中でも底部と呼びます。
卵管と子宮体部は子宮広間膜と呼ばれる腹膜で覆われていますが、卵管は端の采部で腹腔内に開きます。卵管の近くに卵巣があります。卵管と卵巣をあわせて付属器と言います。
頚部の下方は膣内に突出しており、前後に押しつぶされたような楕円形をしています。経膣出産をしていると検体を開いたとき、膣側の左右にくぼみが見えます。頚部の大部分は円柱上皮で覆われており扁平上皮で覆われた膣に連続します。円柱上皮と扁平上皮との境界は頚部が膣内に突出した部分にあり、加齢とともに内側へと移動します。頚部の上皮内腫瘍の多くはこの境界部から生じます。
子宮が膣内へ落ちないように支える組織が頚部の周囲に存在しており、子宮傍結合織と呼ばれます。子宮頚癌取扱い規約第3版では前方にある膀胱子宮靭帯、側方の基靭帯、後方の仙骨子宮靭帯と直腸膣靭帯の4つを指します。最も長いのが基靭帯で、子宮頚部の両側から伸びて骨盤壁につながっています。基靭帯のすぐ下には排尿に関与する骨盤神経叢があり、また近傍に子宮動脈があります。
子宮傍結合織以外の支持組織としては子宮体部と骨盤壁をつなぐ子宮円靭帯があります。
所属リンパ節は子宮頚部が骨盤リンパ節(基靭帯、内腸骨、閉鎖、外腸骨、総腸骨、仙骨リンパ節)、子宮体部は骨盤リンパ節、鼠径上リンパ節と傍大動脈リンパ節です。



2. 子宮癌の肉眼分類(子宮体癌取扱い規約第3版、子宮頚癌取扱い規約第3版)

体癌が頚部に浸潤するとpT2となり、治療が変ることがありますが、頚癌が体部に浸潤してもT分類は変りません。体部と頚部の境界は肉眼ではわからないため、切り出して顕微鏡で確認する必要があります。

(子宮体癌)
pTX: 原発腫瘍の評価不能
pT0: 原発腫瘍を認めない
pTis: 上皮内癌(子宮内膜異型増殖症が相当する)
pT1: 子宮体部に限局
pT1a: 筋層浸潤なし、あるいは筋層の1/2未満の浸潤
pT1b: 浸潤が子宮筋層1/2以上の浸潤
pT2: 子宮頚部間質に浸潤するが、子宮に限局
pT3: 子宮外への浸潤
pT3a: 子宮体部漿膜、あるいは子宮付属器への浸潤・転移
pT3b: 膣あるいは子宮傍組織への浸潤・転移
pT4: 膀胱粘膜、あるいは消化管粘膜への浸潤

(子宮頚癌)
肉眼で確認できる病変はpT1b以上となります。

pTX: 原発腫瘍の評価が不可能
pT0: 原発腫瘍を認めない
pTis: 上皮内癌
pT1:  子宮に限局
pT1a: 顕微鏡によってのみ診断
pT1a1: 深達度≦3.0mm、水平方向進展≦7.0mm
pT1a2: 3.0mm<深達度≦5.0mm、水平方向進展≦7.0mm
pT1b:  臨床的に肉眼で認める、または顕微鏡的病巣がpTa2より大
pT1b1: ≦4cm
pT1b2: >4cm
pT2: 子宮をこえるが、骨盤壁または膣の下1/3には達しない
pT2a: 子宮傍組織に達しない
pT2a1: ≦4.0cm
pT2a2: >4.0cm
pT2b: 子宮傍結合織に達する
pT3: 膣の下1/3、および/または骨盤壁に達する。および/または水腎症、無機能腎を呈す
pT3a: 膣の下1/3に達する
pT3b: 骨盤壁に達する、および/または水腎症、無機能腎を呈す
pT4: 膀胱粘膜および/または直腸の粘膜浸潤、小骨盤腔をこえる

 

3. 子宮の検体

1) 円錐切除術
子宮頚部をくりぬきます。子宮頚癌(T1aまで)で行われます。子宮頚癌取扱い規約第3版では生検として扱われるため、T分類の前に術後病理学組織学的分類を意味するpがつきません。
2) 単純子宮全摘術
子宮を切除します。拡大単純子宮全摘術では膣壁も1~2cm切除します。子宮傍組織は残します。
3) 準広汎子宮全摘術
子宮と膣上部を摘出し、子宮頚部の近くで子宮傍組織を切断します。
4) 広汎子宮全摘術
子宮と膣上部を摘出し、骨盤の近くで子宮傍組織を切断します。

閉経前後あるいは閉経後の女性で悪性腫瘍の場合は、予防的に両側卵巣も切除されることが多いです。
子宮全摘術では子宮広間膜(腹膜)の切除部より下が断端となります。膣と子宮傍結合織の他、子宮円靭帯や卵巣提索などが含まれます。子宮広間膜(腹膜)で覆われた部分は断端ではなく、腫瘍が露出していても断端陽性ではありません。
婦人科医が基靭帯と子宮動脈を切り落とし別に提出することもありますが、その際に人工的に癌が露出してしまうことがあります。
子宮体癌のため腹腔鏡で切除された子宮検体は血管侵襲のように見える像を呈しやすいといわれていますが、その原因として切り出し時のコンタミネーションも考えられています。文献には漿膜側から内膜側に向かって刃を入れることや一回ごとに刃をきれいにするなどといった対策が推奨されています

 

4. 子宮体癌の切り出し

1) 名前とIDの確認
あらかじめ腹水細胞診の結果を確認しておきます。

2) オリエンテーション
子宮円靭帯は卵管より前方に存在します。腹膜の翻転部位は前面の方が後面より上になります。

3) 肉眼観察および計測
(1) 子宮は固定前に前壁正中をY字型に切り開きます(子宮体癌取扱い規約第3版)。両側を切り子宮を開く方法もあります。婦人科医が術中に筋層浸潤を見るため腫瘍の中心に割が入れられていることがあります。
(2) 腫瘍の位置を確認します。体癌の多くは底部から発生します。肉眼的に腫瘍が認められない場合は、術前診断が上皮内癌(子宮内膜異型増殖症)であるか確認し、そうでない場合は婦人科医に腫瘍の位置を確認してください。頚癌が体部に浸潤し原発がわからなくなることもあります。
(3) 腫瘍が内子宮口をこえているか確認します(頚部への浸潤の有無は組織学的確認が必要です)。
(4) 腫瘍の大きさ(最大長径とそれに直交する最大横径)を測定します。
(5) 漿膜面に露出や腹腔内播種を疑わせる白色結節がないか調べます。

4) マーキング
内腔と術後に婦人科医が切除した部分以外にインクを塗ります。漿膜面は断端ではありませんが、浸潤していればT分類が変わることがあります。

5) 切り出し
(1) 基靭帯は長いので最初に切り取って提出します。体癌が子宮円靭帯から再発したという報告がありますので、肉眼的に著変のない場合も子宮円靭帯を提出するべきかもしれません。
(2) 子宮は正中に割を入れます。さらにこの割に平行あるいは垂直に割を入れます。
(3) 病変の深達度を肉眼的に確認します。割面で類内膜腺癌はもろい均質な黄白色に見えます。まず、内膜と筋層の境界部分(腫瘍の近傍にあるか腫瘍に押しつぶされています)を探します。内膜と筋層の境界部から筋層への最も深い浸潤距離をmm単位で測定します。また、その部分の筋層の厚さも測定します。腺筋症に発生したと考えられる癌は腺筋症の部分から距離を測定する必要がありますが、肉眼的には困難です。また、類内膜腺癌G3でも肉眼的な浸潤距離の測定は困難です。卵管間質部内へ進展していると実際より深く浸潤しているように見えるため注意が必要です。
(4) 割面を写真撮影します。
(5) 正中に入れた割面は全てブロックにします。最深部を作成します。組織学的に浸潤距離を測定するために、可能な限り内膜から漿膜にかけて連続したブロックを作製します。
(6) 肉眼的に病変が明らかでない場合は内膜部分を全て作製します。肉眼的に病変が明らかでも術前検査で類内膜腺癌G3、漿液性腺癌、明細胞癌、未分化癌の可能性があれば、内膜部分を全て作製するようすすめる教科書(Diagnostic Gynecologic and Obstetric Pathology, 2nd edition. p554-555)があります。
(7) 肉眼的に頚部に浸潤していればその部分を作製します。また、頚部の隆起性病変(ポリープ)は稀に内膜癌転移の場合があるので作製します。著変がなければ内子宮口(子宮体下部)と頚部の前壁を作製します(頚部浸潤の検出は前壁と後壁のみを作製した場合と頚部全てを作製した場合で変らないとの報告があります)。
(8) 両側卵巣卵管は長軸に直交するように5mmにスライスしてよく割面を観察します。24歳から45歳の子宮体癌患者の切除検体では卵巣の25%に癌が認められるとの報告があります。肉眼的に何もなければ1ブロック提出します。ただし、類内膜腺癌G3、漿液性腺癌、腹腔洗浄液陽性の場合は卵巣卵管を全て包埋する必要があります。乳癌の既往がある場合や乳癌、卵巣癌の家族歴がある場合も卵巣癌あるいは卵管癌のリスクが高いため、同様にします。詳細は「2. 卵巣・卵管」も参照してください。
(9) 別ビンでリンパ節が提出されていた場合は個数を数えてください。子宮体癌では類内膜腺癌G1で筋層浸潤が認められず、術中に子宮外病変が見られない場合はリンパ節郭清が省略されることがあります。

pT1b以上あるいは組織型が類内膜腺癌G3、漿液性腺癌、明細胞腺癌、未分化癌の場合や脈管侵襲がある場合などに術後補助療法として化学療法や放射線療法が考慮されます。

 

5. 子宮頚癌の切り出し

1) 名前とIDの確認

2) オリエンテーション
子宮全摘標本では子宮円靭帯は卵管より前方に存在します。腹膜の翻転部位は前面の方が後面より上になります。
病変の位置は身体を仰向けにした状態で頚部をアナログ時計盤に見立て、前壁の中心を12時、左側が3時、後壁の中心が6時、右側が9時として表現されます。

3) 肉眼観察および計測
(1) 円錐切除標本は粘膜側に白色調の上皮があり、深部は焦げています。腫瘍の大きさは肉眼的に不明瞭です。円錐の高さが大きいと流早産のリスクが高まるため、若年者では幅の狭い検体となります。
(2) 子宮全摘標本は未固定であれば頚部だけ切り落とし、円錐切除標本と同じ様に前壁の中心(12時の位置)で縦軸方向に切開し、粘膜面を十分に進展させて固定させます。12時の位置に腫瘍があれば6時の位置で切開します。体部は前壁正中をY字型に切り開きます(子宮頚癌取扱い規約第3版)。婦人科医によって開かれていることがあります。
(3) 腫瘍の中心が子宮頚部にあることを確認します。膣への進展の有無を記載します。
(4) 腫瘍が何時の位置にあるか記録します。
(5) 腫瘍の大きさ(最大長径とそれに直交する最大横径)を測定します。
(6) 裏返して漿膜面に腹腔内播種を疑わせる白色結節がないか調べます。剥離断端は切除時に裂けて人工的に陽性に見えることがあります。その場合は執刀医と相談しましょう。

4) マーキング
内腔と術後に婦人科医が切除した部分以外にインクを塗ります。漿膜面は断端ではありませんが、浸潤していればT分類が変わることがあります。ブロックの厚さが不均一になりそうな場合は、粘膜面にインクを塗っておけば薄切で面を出す際の目印となります。

5) 切り出し

*円錐切除標本
(1) 前壁の中心(12時の位置)で縦軸方向に切開し、粘膜面を十分に進展させて固定させます。上皮が剥離しやすいので取扱いに注意してください。上皮を損傷しないため、固定用の虫ピンは粘膜面を避け、切開した面に刺します。
(2) 縦軸に沿い粘膜面をまず4等分し、次にそれぞれを3等分します。経膣出産をしていると3時と9時の部分は膣側が少しくぼんでいますので、その部分に割が通るようにします。膣側を手前に置いて右から1から12の番号を振ります。経膣出産をしていない場合、内腔が狭いので12等分できず8等分になることがあります。
(3) 扁平上皮内腫瘍が起こるのは前壁が後壁よりも2倍多く、側壁は稀と言われています。病変が1時の位置にあれば12等分にして1番の切片に病変が見られると考えられますが、頚部は円形ではないため、対応は完全でありません。

*子宮全摘標本
(1) 基靭帯があれば最初にこれを切り取って提出します。
(2) 頚部に肉眼的に明瞭な病変を認める場合
① 膣への進展を確認します。病変の最大割面の部位や断端に最も近い部位が通るようにおおよそ3mm間隔で垂直に割を入れます。
② 割面の写真を撮影します。
③ 病変の最深部を含む割面、病変と膣断端の距離が最も近い割面の切片を作製します。扁平上皮癌に比べ腺癌は割面に光沢があります。
(3) 肉眼的に病変が不明瞭な場合
① 頚部を十二等分あるいは全周性に等分割します。
② 割面の写真を撮影します。
③ 全てブロックにします。
(4) 体部は水平断にします。内子宮口、代表的な体部の割面から切片を作製します。
(5) 両側卵巣卵管を5mmスライスしてよく観察し、何もなければそれぞれ1ブロック提出します。乳癌の既往がある場合や乳癌、卵巣癌の家族歴がある場合も卵巣癌あるいは卵管癌のリスクが高いため、同様にします。詳細は「2. 卵巣・卵管」も参照してください。
(6) 別ビンでリンパ節が提出されていた場合は個数を数えてください。

円錐切除術で切除断端陽性や脈管侵襲が認められれば子宮全摘術が行われます。
子宮全摘術では骨盤リンパ節転移、子宮傍結合織浸潤、断端陽性、腫瘍径が4cm以上や脈管侵襲がある場合などで、放射線療法や化学放射線療法が考慮されます。

 

6. 肉眼像と切り出しの実際

子宮体癌

子宮頚癌(円錐切除標本)

子宮頚癌(子宮全摘標本)

7. 良性疾患(子宮筋腫、腺筋症)のために摘出された子宮

1) 名前とIDの確認

2) オリエンテーション
腹腔鏡または子宮鏡下子宮全摘術では切除した子宮は取り出す際に破砕する必要があります。筒状の刃が回転する装置(モーセレーター)で破砕した場合、細長い棒状の検体が提出されます。破砕されていない場合、子宮円靭帯は卵管より前方に存在します。腹膜の反転部位は前面の方が後面より上になります。

3) 肉眼観察および計測
(1) 重量を測定します。
(2) 体部および頚部内腔に隆起性病変がないか確認します。漿膜側に子宮内膜症を思わせる部分(黒色~暗赤色)がないか観察します。
(3) 子宮筋腫は境界明瞭な白色結節です。固定前の検体では割を入れると大きく膨隆します。割面では束状の部分が見えます。子宮筋腫は悪性腫瘍である平滑筋肉腫を鑑別することが重要になります。平滑筋肉腫の割面は単調な灰白色で、平滑筋腫に比べ軟らかく割面の膨隆の程度が軽いのが特徴です。壊死(黄色調あるいは緑色調)や出血が見られます。腺筋症は境界不明瞭な壁の肥厚として認められます。割面では太い線維が認められ、小出血が散在しています。

4) マーキング
良性疾患では通常マーキングはしません。

5) 切り出し
*破砕された子宮の場合
術前診断が良性の筋腫でも悪性腫瘍が存在する可能性があります。子宮が破砕され断片状に提出された子宮で、その頻度を少なくとも1%と見積もった研究があります。悪性腫瘍を破砕すると腹腔内に散布される危険性があります。
(1) 子宮内膜の赤色の部分がないか探し、あれば少なくとも2ブロック作ります。
(2) さらに4ブロックまで作製します。断片状であっても筋腫は境界明瞭であったり、背景とは異なる色調をしています。壊死や出血を示す部分がないかよく探します。その他、子宮内膜があれば作製します。
(3) 頚部が提出されている場合があります。前後に押しつぶされたような楕円形をしているので長軸の中央に直交するよう切り出します。

*破砕されていない子宮の場合
子宮切除術の場合、術前診断が良性の筋腫で、平滑筋肉腫が偶発的に見つかる頻度は0.49%との報告があります。
(1) 子宮内腔の変形が高度でなければ正中に割を入れ、さらにこの割に平行あるいは垂直に割を入れます。子宮内腔の変形が高度であれば水平断にした方が内膜と筋腫の関係がわかりやすくなります。
(2) 割面を写真撮影します。
(3) 子宮筋腫は悪性腫瘍である平滑筋肉腫を鑑別することが重要になります。通常は最も大きい結節(平滑筋肉腫はしばしば最も大きい結節なので)から3個ほど作製します。平滑筋肉腫では壊死(黄色調あるいは緑色調)や出血が見られるため、結節状病変は全て割面を観察し、このような部分が見られたら追加でブロックを作製して下さい。
(4) 腺筋症を疑った場合は内膜から垂直に切り出すと切片上でも診断が容易となります。
(5) 作っていなければ子宮底部、体下部と頚部を作製します。
(6) 両側卵巣卵管は長軸に直交するように5mmにスライスしてよく割面を観察します。肉眼的に何もなければ1ブロック提出します。乳癌の既往がある場合や乳癌、卵巣癌の家族歴がある場合は両側の卵巣卵管を全て包埋する必要があります。詳細は「2. 卵巣・卵管」も参照してください。